flowy利用規約

「flowy」(以下、「本サービス」と言います)は、「ビビッドカラーズ株式会社」(以下、「当社」と言います)が運営するファイル送信サービスです。
flowyをご利用の際には、「flowy利用規約」(以下、「本規約」と言います)を読みご承諾の上ご利用ください。
本サービスをご利用いただいた場合、本規約の内容を理解し、本規約を承諾したものとみなします。

第1条(用語の定義)

1. 「ユーザー」とは、本規約を承諾して本サービスを利用する方を言います。

2. 「メンバー」とは、本サービスにメンバー登録をした方を言います。

3. 「メンバーアカウント」とは、メンバーが本サービスに登録した情報を用いて本サービスにログインする権利を言います。

第2条(本規約の範囲と変更)

1. 本規約は、本サービスの提供条件および本サービスの利用に関する当社とユーザーとの間の権利義務関係を定めることを目的とし、ユーザーと当社との間の本サービスの利用に関わる一切の関係に適用されます。

2. 当社は、ユーザの承諾を得ることなく、当社が適当と判断する方法でユーザーに通知することにより、本規約を変更できます。

第3条(登録情報の管理)

1. メンバーは、本サービスに登録した登録情報を適切に管理してください。

2. メンバーに対する当社からの通知は、通知時におけるメンバーの登録メールアドレスにメールを送信することをもって通知したものとみなします。

3. メンバーは、当社からのメールによる通知を常に受信できるようにしてください。

4. 当社は、メンバーに送信されたメールがエラー等になった場合、当該メールアドレスへのメールの送信を止めることがあります。

5. 前二項の場合に、メンバーが当社からの通知を受領できなかったことで、メンバーに損害が生じたとしても、当社は一切の責任を負いません。

6. メンバーは、本サービスに登録したパスワードを第三者に知られるような態様で管理したり、容易に推測できるパスワードを利用したりしないでください。これを怠ったことにより損害が生じても、当社は一切の責任を負いません。

7. メンバーアカウントを用いてなされた本サービスの利用は、全て当該メンバー本人により為されたものとし、当該メンバーアカウントの不正利用により当社または第三者が損害を被った場合には、当該メンバーアカウントを使用した者がメンバー本人であるか否かを問わず、当該メンバーは当該損害を賠償してください。

8. メンバーはメンバーアカウントの使用および管理に責任を持つものとします。メンバーの管理不十分、使用上の過誤、第三者の使用等によりメンバーに損害が生じたとしても、当社は一切の責任を負いません。

9. メンバーは自身のメンバーアカウントを第三者に利用させたり、貸与、譲渡、売買、質入等は行わないでください。

第4条(利用停止等)

1. ユーザーが第9条に定める禁止行為の一つに該当する場合、当社は、当該ユーザーに対して事前に通知することなく、当該ユーザーによる本サービスへのアクセスを禁止する等の適切な措置をとる場合があります。なお、当社は当該措置を行った理由について、当該ユーザーに開示する義務を負いません。

2. ユーザーが、第9条に定める禁止行為の一つに該当する場合、当社は、当該ユーザーに対して事前に通知することなく、前項に定める措置に加え、当該ユーザーのメンバー登録を抹消したり、当該ユーザーのメンバーアカウントを一時停止する等の適切な措置をとる場合があります。

3. 前二項に定める措置は、当社から当該ユーザーに対する損害賠償請求を行うことを妨げるものではありません。また、前二項に定める措置を行ったことについて、当社は一切の損害賠償義務、金銭返還義務を負いません。

第5条(データファイルの取り扱い)

1. 本サービスを利用してやり取りされるデータファイルの内容について当社は一切の責任を負いません。

2. 保存期間が過ぎて削除されたデータファイルについて当社は一切の責任を負いません。

第6条(個人情報の取り扱い)

当社は、ユーザーの個人情報を「プライバシーについて」に基づいて適切に管理します。

第7条(サービス提供の一時停止)

当社は、以下のいずれかに該当する場合には、ユーザーに事前に通知することなく、本サービスの全部または一部の提供を停止または中断する場合があります。

第8条(退会)

1. メンバーは、当社に通知を行うことにより、いつでも本サービスの退会(メンバーアカウントの抹消)をすることができます。 ただし、過去に当該メンバーが送信したファイルや操作を行った履歴等について削除することはできません。

2. メンバーは、退会手続きを行った場合、本サービスで利用していたメンバーアカウントに関する一切の権利を失います。

3. メンバーが退会手続きを完了した場合、または何らかの理由により当社とユーザーとの間の本規約に基づく契約が終了した場合であっても、第3条(登録情報の管理)、第6条(個人情報等の取り扱い)、本条(退会)、第9条(禁止行為)、第11条(反社会的勢力への不関与)、第12条(準拠法、合意管轄)は、その効力が存続するものとします。

第9条(禁止行為)

ユーザーは、本サービスの利用に当たり、以下の行為を行ってはなりません。

第10条(サービスの変更・追加・廃止)

当社は、何らかの理由により、ユーザーに事前に通知することなく、本サービスの内容を変更・追加・廃止する場合があります。

第11条(反社会的勢力への不関与)

1. ユーザーは、自身が暴力団、暴力団員、暴力団関係企業、総会屋、社会運動標ぼうゴロ、政治運動標ぼうゴロ、特殊知能暴力集団、その他反社会的勢力(以下「暴力団等反社会的勢力」といいます。)に所属または該当せず、かつ、暴力団等反社会的勢力と関与していないことを表明し、将来にわたっても所属もしくは該当、または関与しないことを確約してください。

2. 当社は、ユーザーが暴力団等反社会的勢力に所属もしくは該当する、または正当な理由なく関与していると判断した場合、当該ユーザーに事前に通知等を行うことなく、第4条に定める利用停止等の措置を講じる場合があります。

3. 当社は前項の措置によるユーザーの損害を賠償する責任を一切負いません。

第12条(準拠法、合意管轄)

ユーザーと当社との間における紛争については、日本国法を適用し、東京地方裁判所を第一審の専属的合意管轄裁判所とします。また、本規約は、日本国法に準拠して解釈されるものとします。

2018年6月 制定・施行